Technology

テクノロジー

髪の記憶と向き合う

髪はダメージを記憶している

ロングヘアであれば、その毛先は4年以上前に生まれた髪。髪はその年月のダメージを記憶し続けています。

  • キューティクルダメージのイメージ画像

    キューティクルダメージ

  • コルテックスダメージのイメージ画像

    コルテックスダメージ

  • メデュラダメージのイメージ画像

    メデュラダメージ

  • メラニンクラックのイメージ画像

    メラニンクラック

記憶されたダメージは、複合的に関連しあい、髪が思い通りにならない様々な影響になって現れます。

  • 著しい
    髪の毛密度の
    低下

  • 艶の低下

  • ヘアカラーの
    褪色

  • パーマの
    ダレ

  • うねり

  • 枝毛

  • パサつき

髪の記憶による毛髪形状の変化

ダメージの記憶は、髪の結合をゆがませ、毛髪の形状を変化させていきます。生まれたときは、きれいな真円だった形状も毛先にいくにつれてゆがんだ楕円になり、クセやうねり、広がりを引き起こしていきます。

20代から50代女性の髪の毛の形状の図 20代から50代女性の髪の毛の形状の図

髪の記憶と向き合い、
確立した
2つのケアテクノロジー

Technology 1
 フローディアのコア技術

選択的補修の「バルネイドシステム」

髪のダメージ空洞部分だけに反応して、補修成分を包み込んだケアバルーンをつくる技術「バルネイドシステム」。ケアバルーンをつくることで、大きなダメージ空洞にも高い補修効果を発揮します。

バルネイドシステムのケアイメージ画像 バルネイドシステムのケアイメージ画像

※イラストはイメージです。

理想の髪質、思いのまま
オーダーメイド感覚でつくる、
パーソナルケアバルーン

サロントリートメントではさらに理想の髪質へ導くため、オーダーメイド感覚でケアバルーンをダメージ空洞につくります。
サロンのカウンセリングに基づき、お悩みにあわせて補修成分を選択し、ケアバルーン化。
理想の質感に導く成分が内包されたケアバルーンが、確かな美しさの実感を導きます。

お悩みにあわせて補修成分を選択し、ケアバルーン化するイメージ画像 お悩みにあわせて補修成分を選択し、ケアバルーン化するイメージ画像

理想の髪質へ導く、
パーソナルケアバルーンの完成

Technology 2
 髪の記憶を操作する

フォルムコントロールにより、
扱いやすい髪質へ
「ボンデイドシステム」

ダメージの記憶により乱れてしまった髪の結合を3つの反応で整える、ボンデイドシステム。
デミ独自の複合成分「反応型アミノ酸」が、①浸透 ②結合をゆるめて再整列 ③定着の3つを段階的に反応させることで、乱れた結合を整え、うねり・クセのない扱いやすい艶髪を叶えます。また、毛髪本来のやわらかな質感を保ちながら、ダメージに負けない髪へ導きます。

①浸透 ②結合をゆるめて再整列 ③定着の3つを段階的に反応させることで、乱れた結合を整えるイメージ画像 ①浸透 ②結合をゆるめて再整列 ③定着の3つを段階的に反応させることで、乱れた結合を整えるイメージ画像

※1 カルボキシメチルシステインリシン(毛髪補修成分)親水性アミノ酸のリシンと疎水性アミノ酸のシステインにカルボキシル基を持たせ、毛髪への結合性を強化させたアミノ酸誘導体
※2 リシンHCl(毛髪補修成分)
※イラストはすべてイメージです。

サラサラ軽いのに、
まとまる艶髪
やわらかいのに、
うねりが整った芯から強い※髪へ
フローディアで叶える
これまでのヘアケアの常識を超えた新質感

※補修による